English

廃棄物対策

 福島第一原子力発電所の事故で発生する固体廃棄物は、多様かつ大量で従来の制度、技術により対応していくことが困難であり、新たな技術を開発するとともに、制度的対応を検討していくことが不可欠です。

 現行の中長期ロードマップにおいては、2017 年度に固体廃棄物の処理・処分に関する基本的な考え方を取りまとめること、及び2021 年度頃を目途に処理・処分における安全性の見通しを確認することを目標として設定しています。

 このため、固体廃棄物の性状把握、保管管理、処理・処分の方法に関する検討を総合的に行い、これらの成果を統合する取組を開始しており、これらを固体廃棄物の処理・処分に関する基本的な考え方の取りまとめに反映する必要があります。

 また、汚染水処理の過程で発生する二次廃棄物については、性状把握、長期間安定的な保管、処理のための検討を進めています。

廃炉戦略と課題の全体像

廃炉戦略と課題の全体像-廃棄物対策-

研究開発の取組

固体廃棄物の処理処分

現場の調査・測定データ・情報

放射性廃棄物処理・処分に関する取組(毎月更新、平成30年3月)

(廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議)