English

固体廃棄物の処理処分

研究開発の取組(現場適用・実用に繋げる応用開発)

進行中のプロジェクト

固体廃棄物の処理処分に関する研究開発(廃炉・汚染水対策事業)
概要

 事故による固体廃棄物は、破損した燃料に由来した放射性核種を含んでいること、津波や事故直後の炉心冷却に起因する海水成分を含む可能性があること、高線量であり、汚染のレベルが多岐にわたりその物量も大きいこと等、従来の原子力発電所で発生する放射性廃棄物と異なる特徴があり、これらを安全に処理・処分するための研究開発を進めています。また、多様な固体廃棄物の発生、保管から処理・処分までの一連の廃棄物管理・取扱い方法(廃棄物ストリーム)の検討を行います。

実施項目
  1. 性状把握
  2. 処分前管理
  3. 固体廃棄物の特徴に適した処分概念及び安全評価手法の検討
  4. 研究開発成果の統合 (廃棄物ストリームの検討)
実施体制

 IRIDにて実施。

実施計画

目標工程-1:固体廃棄物の処理処分に関する研究開発1/2

目標工程-1:固体廃棄物の処理処分に関する研究開発2/2

 出典:研究開発プロジェクトの進捗状況及び次期計画の方向性
    (経済産業省 廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議(平成30年3月1日))
(PDFのP16)

年度別の成果・実績
  • 平成29年度
  • 平成28年度
  • 平成27年度
  • 平成26年度
  • 平成25年度
  • 平成24年度
個別の事業成果・実績等(アーカイブス)

開閉ボタン

  • 全体概要
  • 性状把握
  • 廃棄物の処理に関する検討・長期保管方策の検討

研究開発の取組(関連する基礎・基盤研究)

デブリ性状把握・処理技術(東北大学における廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム:廃止措置のための格納容器・建屋等信頼性維持と廃棄物処理・処分に関する基盤研究および中核人材育成プログラム)
放射性廃棄物処理処分(東北大学における廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム:廃止措置のための格納容器・建屋等信頼性維持と廃棄物処理・処分に関する基盤研究および中核人材育成プログラム)
廃止措置のための格納容器・建屋等 信頼性維持と廃棄物処理・処分(東北大学における廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム:廃止措置のための格納容器・建屋等信頼性維持と廃棄物処理・処分に関する基盤研究および中核人材育成プログラム)(PDFのP22,23)
難分析核種分析及び材木の除染技術について 難分析核種用マイクロ分析システムの構築(東京工業大学における廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム:廃止措置工学高度人材育成と基盤研究の深化)(PDF)
土壌の汚染回復と回収・固化技術(東京工業大学における廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム:廃止措置工学高度人材育成と基盤研究の深化)(PDF)

現場の調査・測定データ・情報

放射性廃棄物処理・処分に関する取組(毎月更新、平成30年6月)

(廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議)

その他関連情報

日本原子力学会における福島第一原子力発電所の固体廃棄物対策関連の取組
  • バックエンド部会 夏期セミナー(日本原子力学会)
  • バックエンド部会報(日本原子力学会)
  • 「福島第一原子力発電所事故により発生する放射性廃棄物の処理・処分」特別専門委員会