English

固体廃棄物の処理処分

研究開発の取組(現場適用・実用に繋げる応用開発)

進行中のプロジェクト

固体廃棄物の処理・処分に関する研究開発(廃炉・汚染水対策事業)
概要

 2021年度に示した処理・処分方策とその安全性に関する技術見通しを踏まえ、物量低減の更なる可能性を検討するとともに、固体廃棄物の特徴に応じた廃棄物ストリームの抽出のため、性状把握の進展を反映しつつ、処理・処分方策の選択肢の創出とその比較・評価を行い、固体廃棄物の管理全体での適切な対処方策の提示に向けた検討を進める。

実施項目
  1. 性状把握
    (1) 分析データの取得・管理等
    (2) 性状把握の効率化
  2. 保管・管理
    (1) 固体廃棄物の分別に係る汚染評価技術開発
    (2) 減容・再利用技術に関する開発
  3. 処理・処分
    (1) 処理技術
    (2) 処分技術
      ①処分概念提示に必要な情報・知識の調査
      ②固体廃棄物処分の安全評価技術の信頼性向上の試行
実施計画

目標工程-1:固体廃棄物の処理処分に関する研究開発1/2

目標工程-1:固体廃棄物の処理処分に関する研究開発2/2

 出典:2022年度廃炉研究開発計画
    (経済産業省 廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議(令和4年1月27日))
(PDF形式のP16~17)

年度別の成果・実績
  • 令和3年度
  • 令和2年度
  • 令和元年度(平成31年度)
  • 平成30年度
  • 平成29年度
  • 平成28年度
  • 平成27年度
  • 平成26年度
  • 平成25年度
  • 平成24年度
個別の事業成果・実績等(アーカイブス)

開閉ボタン

  • 全体概要
  • 性状把握
  • 廃棄物の処理に関する検討・長期保管方策の検討

研究開発の取組(関連する基礎・基盤研究)

デブリ性状把握・処理技術(東北大学における廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム:廃止措置のための格納容器・建屋等信頼性維持と廃棄物処理・処分に関する基盤研究および中核人材育成プログラム)
放射性廃棄物処理処分(東北大学における廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム:廃止措置のための格納容器・建屋等信頼性維持と廃棄物処理・処分に関する基盤研究および中核人材育成プログラム)
廃止措置のための格納容器・建屋等 信頼性維持と廃棄物処理・処分(東北大学における廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム:廃止措置のための格納容器・建屋等信頼性維持と廃棄物処理・処分に関する基盤研究および中核人材育成プログラム)(PDF形式のP22,23)
難分析核種分析及び材木の除染技術について 難分析核種用マイクロ分析システムの構築(東京工業大学における廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム:廃止措置工学高度人材育成と基盤研究の深化)(PDF形式)
土壌の汚染回復と回収・固化技術(東京工業大学における廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム:廃止措置工学高度人材育成と基盤研究の深化)(PDF形式)

現場の調査・測定データ・情報

福島第一原子力発電所の廃棄物・汚染物に関する情報

(日本原子力研究開発機構 廃炉国際共同研究センター(CLADS))

放射性廃棄物処理・処分に関する取組(毎月更新)new(令和4年8月1日更新)

(出典:経済産業省 廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議(第104回・令和4年7月28日)) 経済省WEBサイトもご覧ください。

その他関連情報

日本原子力学会における福島第一原子力発電所の固体廃棄物対策関連の取組
  • バックエンド部会 夏期セミナー(日本原子力学会)
  • バックエンド部会誌「原子力バックエンド研究」(日本原子力学会)
  • 「福島第一原子力発電所事故により発生する放射性廃棄物の処理・処分」特別専門委員会