English

研究公募・助成情報

 福島第一原子力発電所の廃炉に向けて、国内外の叡智を結集して研究開発活動等に取り組む必要があり、広範な分野の研究開発活動に関わる機関・大学等の方に参加いただけるよう、複数の事業において公募を行っています。

 各事業における研究公募・助成の情報について、本ページでも随時、更新してお知らせしていきます。

新着情報

 文部科学省による「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」の公募が行われています。[令和3年3月7日]

「令和4年度 英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」
  • 課題解決型廃炉研究プログラム(若手・一般)【応募締切:5月6日(金)】
  • 国際協力型廃炉研究プログラム(日英原子力共同研究)【応募締切:6月16日(金)】

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[令和4年2月25日]

「廃炉・汚染水対策事業」【応募締切:3月17日(水)】
  • 原子炉建屋内の環境改善のための技術開発(サプレッションチェンバ脚部の電気防食による腐食抑制技術の開発)
  • 原子炉圧力容器内部調査技術の開発(上部アクセス調査工法における加工技術の高度化、下部アクセス調査工法の開発)
  • 燃料デブリの性状把握のための分析・推定技術の開発(原子炉圧力容器の損傷状況等の推定のための技術開発)
  • 燃料デブリの性状把握のための分析・推定技術の開発(仕分けに必要な燃料デブリ等の非破壊計測技術の開発)
  • 燃料デブリの取り出し工法の開発(CRDハウジング切断、撤去技術の開発)
  • 燃料デブリ収納・移送・保管技術の開発(粉状、スラリー・スラッジ状燃料デブリの保管までに必要な技術の開発)
  • 固体廃棄物の処理・処分に関する研究開発
  • 固体廃棄物の処理・処分に関する研究開発(セシウム吸着塔からの吸着材採取技術及び固体廃棄物の分別に係る汚染評価技術の開発)

 文部科学省による令和4年度国家課題対応型研究開発推進事業「原子力システム研究開発事業」の公募が行われています。[令和2年2月14日]

令和4年度国家課題対応型研究開発推進事業「原子力システム研究開発事業」【応募締切:4月15日(金)】

開閉ボタン

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[令和3年9月24日]

「燃料デブリの取り出し工法の開発(大型構造物取り出し及び搬送時における汚染拡大防止隔離技術の開発)」【応募締切:10月25日(月)】公募終了

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[令和3年6月1日]

「安全システムの開発(被ばく線量評価のための分析手法の技術開発)」【応募締切:6月30日(水)】公募終了

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[令和3年4月21日]

「燃料デブリの段階的に規模を拡大した取り出し技術の開発」【応募締切:5月18日(火)】公募終了

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[令和3年3月24日]

「廃炉・汚染水対策事業」【応募締切:4月22日(木)】公募終了
  • 原子炉建屋内の環境改善のための技術の開発(被ばく低減のための環境・線源分布のデジタル化技術の開発)
  • 燃料デブリの性状把握のための分析・推定技術の開発(燃料デブリの経年変化特性の推定技術の開発)
  • 燃料デブリの性状把握のための分析・推定技術の開発(燃料デブリの分析精度の向上、熱挙動の推定及び簡易分析のための技術開発)
  • 燃料デブリ飛散抑制技術の開発
  • 安全システムの開発(ダスト飛散率データ取得)
  • 遠隔装置保守技術の開発
  • 福島第一原子力発電所廃止措置統合管理のための支援技術の開発(原子炉格納容器内の連続的な監視システムの開発)

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[令和3年3月1日]

「廃炉・汚染水対策事業」【応募締切:3月17日(水)】公募終了
  • 燃料デブリの段階的に規模を拡大した取り出し技術の開発
  • 原子炉格納容器内部詳細調査技術の開発
  • 燃料デブリの性状把握のための分析・推定技術の開発
  • 燃料デブリの取り出し工法の開発
  • 安全システムの開発(液体系・気体系システム、臨界管理技術)
  • 燃料デブリ収納・移送・保管技術の開発(燃料デブリの乾燥技術)
  • 固体廃棄物の処理・処分に関する研究開発

 文部科学省による「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」の公募が行われています。[令和3年3月16日]

「令和3年度 英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」
  • 課題解決型廃炉研究プログラム(若手・一般)【応募締切:5月17日(月)】公募終了
  • 国際協力型廃炉研究プログラム【応募締切:7月1日(木)】公募終了

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[令和2年9月17日]

「廃炉・汚染水対策事業」【応募締切:10月19日(月)】公募終了
  • 燃料デブリ・炉内構造物の取り出し規模の更なる拡大に向けた技術の開発(環境改善・干渉物撤去のための遠隔技術の開発)/li>
  • 燃料デブリ・炉内構造物の取り出し規模の更なる拡大に向けた技術の開発(燃料デブリ飛散抑制技術の開発)/li>
  • 燃料デブリ・炉内構造物の取り出し規模の更なる拡大に向けた技術の開発(燃料デブリと放射性廃棄物の仕分け技術の開発)/li>
  • 燃料デブリ収納・移送・保管技術の開発(粉状、スラリー・スラッジ状の燃料デブリ対応)/li>
  • スラリーの低温固化処理に関する研究開発/li>

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[令和2年7月14日]

「廃炉・汚染水対策事業」【応募締切:8月17日(月)】公募終了
  • 料デブリ・炉内構造物の取り出し規模の更なる拡大に向けた技術の開発(燃料デブリ取り出し作業時の安全確保に関わる技術開発)

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[令和2年6月15日]

「廃炉・汚染水対策事業」【応募締切:7月15日(水)】公募終了
  • 固体廃棄物の処理・処分に関する研究開発(高線量固体廃棄物保管時の容器健全性に関する評価技術の検討)

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[令和2年3月6日]

「廃炉・汚染水対策事業」【応募締切:3月19日(木)】公募終了
  • 燃料デブリの性状把握のための分析・推定技術の開発(燃料デブリの分析精度の向上及び熱挙動の推定のための技術開発)
  • 原子炉圧力容器内部調査技術の開発
  • 燃料デブリの段階的に規模を拡大した取り出し技術の開発

 文部科学省による「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」の公募が行われています。[令和2年3月18日]

「令和2年度 英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」公募終了
  • 課題解決型廃炉研究プログラム(若手・一般)【応募締切:4月14日(火)】

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[令和元年11月25日]

「廃炉・汚染水対策事業」【応募締切:12月13日(金)】公募終了
  • 原子炉格納容器内部詳細調査技術の開発(堆積物対策を前提とした内部詳細調査技術の現場実証)

 文部科学省による「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」の公募が行われています。[令和元年5月30日]

「平成31年度 英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」【応募締切:7月18日(木)】公募終了
  • 国際協力型廃炉研究プログラム(日露原子力共同研究)

 文部科学省による「原子力システム研究開発事業」の公募が行われています。[令和元年5月22日]

「原子力システム研究開発事業」【応募締切:7月10日(水)】公募終了
  • 安全基盤技術研究開発
  • 放射性廃棄物減容・有害度低減技術研究開発

 文部科学省による「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」の公募が行われています。[平成31年4月24日]

「平成31年度 英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」
  • 共通基盤型原子力研究プログラム(若手研究/一般研究)【応募締切:6月7日(金)】公募終了
  • 課題解決型廃炉研究プログラム【応募締切:6月7日(金)】公募終了
  • 研究人材育成型廃炉研究プログラム【応募締切:6月7日(金)】公募終了
  • 国際協力型廃炉研究プログラム(日英原子力共同研究)【応募締切:6月20日(木)】公募終了

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[令和元年5月17日]

「廃炉・汚染水対策事業(燃料デブリ・炉内構造物の取り出しに向けた技術の開発)」【応募締切:5月27日(月)】公募終了
  • 接続部の閉じ込め機能確保に係る技術役務(技術研究組合国際廃炉研究開発機構(日立GEニュークリア・エナジー株式会社))

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[平成31年4月12日]

「廃炉・汚染水対策事業」【応募締切:5月15日(水)】公募終了
  • 燃料デブリの性状把握のための分析・推定技術の開発(燃料デブリの経年変化特性の推定技術の開発)

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[平成31年3月4日]

「廃炉・汚染水対策事業」【応募締切:3月20日(水)】公募終了
  • 燃料デブリの性状把握のための分析・推定技術の開発
  • 燃料デブリ・炉内構造物の取り出しに向けたサンプリング技術の開発
  • 燃料デブリ・炉内構造物の取り出しに向けた技術の開発
  • 燃料デブリ・炉内構造物の取り出しに向けた技術の開発(ダスト集塵システム)
  • 燃料デブリ収納・移送・保管技術の開発
  • 固体廃棄物の処理・処分に関する研究開発

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[平成31年1月22日]

「廃炉・汚染水対策事業(原子炉格納容器内水循環システム構築技術の開発)」【応募締切:2月4日(月)】公募終了
  • ドライウェル内アクセス・接続等に必要となる要素技術の開発・検証に係る技術役務(技術研究組合国際廃炉研究開発機構(日立GEニュークリア・エナジー株式会社))

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[平成30年7月5日]

「廃炉・汚染水対策事業(燃料デブリ収納・移送・保管技術の開発)」【応募締切:7月20日(金)】公募終了
  • 収納缶構造健全性の確認(技術研究組合国際廃炉研究開発機構(日立GEニュークリア・エナジー株式会社))

 文部科学省による「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」の公募が行われています。[平成30年5月22日]

「平成30年度 共通基盤型原子力研究プログラム」【応募締切:6月22日(金)】公募終了
  • 共通基盤型原子力研究(若手研究/一般研究)
「平成30年度 課題解決型廃炉研究プログラム」【応募締切:6月22日(金)】公募終了
  • 廃炉に関する課題解決型廃炉研究
「平成30年度 国際協力型廃炉研究プログラム(日英原子力共同研究)」【応募締切:7月12日(木)】公募終了
  • 廃炉におけるリスク評価・管理技術に関する研究(日本側テーマ)
  • Joint research on risk evaluation and management in Nuclear Technology(イギリス側テーマ)
  • 廃炉のための先進遠隔技術に関する研究(日本側テーマ)
  • Joint research on advanced remote technologies for Nuclear Technology(イギリス側テーマ)
「平成30年度 国際協力型廃炉研究プログラム(日仏原子力共同研究)」【応募締切:6月22日(金)】公募終了
  • 過酷環境下での作業のための基礎基盤技術に関する共同研究(日本側テーマ)
  • Joint research on basic and fundamental technologies for operation under extreme severe environment such as robotics including cobotics; remote operation; localization and mapping; image processing; observation system; sensor and materials(フランス側テーマ)

 経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」の公募が行われています。[平成30年6月27日]

「廃炉・汚染水対策事業(燃料デブリ収納・移送・保管技術の開発)」【応募締切:7月9日(月)】公募終了
  • 収納缶蓋構造の成立性確認(その2)(技術研究組合国際廃炉研究開発機構(日立GEニュークリア・エナジー株式会社))
「廃炉・汚染水対策事業(燃料デブリ・炉内構造物の取り出しに向けたサンプリング技術の開発)」【応募締切:6月29日(金)】公募終了
  • RPV内燃料デブリサンプリング工法の概念検討に係る技術役務(技術研究組合国際廃炉研究開発機構(日立GEニュークリア・エナジー株式会社))

 文部科学省による「原子力システム研究開発事業」の公募が行われています。[平成30年5月18日]

「原子力システム研究開発事業」【応募締切:7月6日(金)】公募終了
  • 安全基盤技術研究開発
  • 放射性廃棄物減容・有害度低減技術研究開発

公募事業

文部科学省による「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」

事務局
公益財団法人 原子力安全研究協会(NSRA)
事業紹介

 原子力が将来直面する様々な課題に的確に対応できるようにするとともに、我が国の原子力分野における 国際競争力を確保するため、多様な原子力システム(原子炉、再処理、燃料加工)に関し、大学等における革新的な技術開発を推進します。

各事業の概要と過去の公募結果
原子力システム研究開発事業
英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業
原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ

経済産業省による「廃炉・汚染水対策事業」

事務局

株式会社三菱総合研究所(MRI)

事業紹介

 廃炉・汚染水対策に資する技術の開発を支援する事業を行うことにより、我が国の科学技術の水準の向上及び廃炉・汚染水対策を円滑に進めることを目的としています。

次期計画
2022年度廃炉研究開発計画
(経済産業省 廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議(第98回:令和4年1月27日))
(資料4-1 PDF形式)
2021年度廃炉研究開発計画
(経済産業省 廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議(第86回:令和3年1月28日))
(資料4-1 PDF形式)
2020年度廃炉研究開発計画
(経済産業省 廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議(第75回:令和2年2月27日))
(資料4-2 PDF形式)
2019年度廃炉研究開発計画
(経済産業省 廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議(第63回:平成31年2月28日))
(資料4 PDF形式)
2018年度廃炉研究開発計画
(経済産業省 廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議(第51回:平成30年3月1日))
(資料4-2 PDF形式)
各事業の一覧
2014年度~2021年度補正予算「廃炉・汚染水対策事業」

国際廃炉研究開発機構(IRID)による公募調達

 IRIDでは、世界にも例がない極めて難しい技術課題の解決のため、国内外の叡智を結集して研究開発活動を進めています。開かれた研究開発活動に向け、公募による調達に取り組んでいます。

公募・調達情報
募集中
終了したもの

東京電力グループによる公募調達

  東京電力グループは、国内外の各種研究機関や企業の叡智を結集して、福島第一原子力発電所の廃炉作業に総力を挙げて取り組んでいます。
 前例のない作業を進めていく中で、多くの課題や複雑な作業を乗り越えるために、国内外の専門的な知識や高度な技術を必要としています。

公募・調達情報
廃炉に関する専門的知見・高度な技術の募集

トピックス

 廃炉・汚染水対策事業事務局(株式会社三菱総合研究所)では公募事業の採択結果を公表しています。[令和3年12月8日]

令和3年度開始「廃炉・汚染水対策事業」採択結果(第五次公募)

開閉ボタン

 廃炉・汚染水対策事業事務局(株式会社三菱総合研究所)では公募事業の採択結果を公表しています。[令和3年7月8日]

令和3年度開始「廃炉・汚染水対策事業」採択結果(第四次公募)

 廃炉・汚染水対策事業事務局(株式会社三菱総合研究所)では公募事業の採択結果を公表しています。[令和3年6月14日]

令和3年度開始「廃炉・汚染水対策事業」採択結果(第三次公募)

 廃炉・汚染水対策事業事務局(株式会社三菱総合研究所)では公募事業の採択結果を公表しています。[令和2年5月28日]

令和3年度開始「廃炉・汚染水対策事業」採択結果(第二次公募)

 廃炉・汚染水対策事業事務局(株式会社三菱総合研究所)では公募事業の採択結果を公表しています。[令和3年4月2日]

令和3年度開始「廃炉・汚染水対策事業」採択結果(第一次公募)

 廃炉・汚染水対策事業事務局(株式会社三菱総合研究所)では公募事業の採択結果を公表しています。[令和2年12月22日]

令和2年度開始「廃炉・汚染水対策事業」採択結果(第四次公募)

 廃炉・汚染水対策事業事務局(株式会社三菱総合研究所)では公募事業の採択結果を公表しています。[令和2年10月21日]

令和2年度開始「廃炉・汚染水対策事業」採択結果(第三次公募)

 廃炉・汚染水対策事業事務局(株式会社三菱総合研究所)では公募事業の採択結果を公表しています。[令和2年9月8日]

令和2年度開始「廃炉・汚染水対策事業」採択結果(第二次公募)

 廃炉・汚染水対策事業事務局(株式会社三菱総合研究所)では公募事業の採択結果を公表しています。[令和2年4月17日]

令和2年度開始「廃炉・汚染水対策事業」採択結果(第一次公募)

 廃炉・汚染水対策事業事務局(株式会社三菱総合研究所)では公募事業の採択結果を公表しています。[令和元年12月24日]

「廃炉・汚染水対策事業」平成31年度採択結果(第三次公募)

 廃炉・汚染水対策事業事務局(株式会社三菱総合研究所)では公募事業の採択結果を公表しています。[令和元年6月7日]

「廃炉・汚染水対策事業」平成31年度採択結果(第二次公募)

 廃炉・汚染水対策事業事務局(株式会社三菱総合研究所)では公募事業の採択結果を公表しています。[平成31年4月4日]

「廃炉・汚染水対策事業」平成31年度採択結果(第一次公募)

 日本原子力研究開発機構では公募事業の採択結果を公表しています。[平成30年9月11日]

「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」平成30年度採択課題

 日本原子力学会では研究論文を募集しています。[平成30年8月16日]

「福島第一原子力発電所廃止措置」特集号【応募締切:10月1日(月)】 募集終了