English

取り出した燃料デブリの収納・移送・保管

研究開発の取組(現場適用・実用に繋げる応用開発)

進行中のプロジェクト

燃料デブリ収納・移送・保管技術の開発(廃炉・汚染水対策事業)
概要

 作業の効率、物量、被ばく低減、作業安全確保等の検討条件を組み合わせてシナリオを複数策定し、各々の評価を実施します。また、この評価を踏まえ、収納・移送・保管上の視点から適切であると考えられるシナリオを明示し、課題を整理します。これらの検討を踏まえて収納缶の設計コンセプトを設定し、コンセプトに基づき安全評価の各項目について評価技術を検討します。

実施項目
  1. 輸送・貯蔵に係る調査及び研究計画立案
  2. 燃料デブリの保管システムの検討
  3. 安全評価手法の開発
  4. 燃料デブリの収納技術の開発
  5. 収納缶の移送・保管技術の開発
実施体制

 IRIDにて実施。

実施計画

目標工程:燃料デブリ収納・移送・保管技術の開発

目標工程:燃料デブリ収納・移送・保管技術の開発

 出典:研究開発プロジェクトの進捗状況及び次期計画の方向性
    (経済産業省 廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議(平成30年3月1日))
(PDFのP14)

年度別の成果・実績
  • 平成29年度
  • 平成28年度
  • 平成27年度
  • 平成26年度
  • 平成25年度
個別の事業成果・実績等(アーカイブス)

開閉ボタン

研究開発の取組(関連する基礎・基盤研究)

<随時、更新します>

現場の調査・測定データ・情報

福島第一原子力発電所サーベイマップ

その他関連情報

<随時、更新します>