English

取り出した燃料デブリの収納・移送・保管

研究開発の取組(現場適用・実用に繋げる応用開発)

進行中のプロジェクト

燃料デブリ収納・移送・保管技術の開発(廃炉・汚染水対策事業)
概要

 取り出した燃料デブリの物量、被ばくの低減、作業の安全確保、作業の効率等の要件を組み合わせて収納・移送・保管に係るシナリオを策定し、このシナリオをもとに、燃料デブリを安全、確実かつ合理的に収納、移送、保管するためのシステムを開発します。

実施項目
  1. 収納・移送・保管に係る調査及び研究計画立案
  2. 収納技術の開発
  3. 移送技術の開発
  4. 乾燥技術・システムの開発
実施体制

 国際廃炉研究開発機構(IRID)にて実施。

実施計画

目標工程:燃料デブリ収納・移送・保管技術の開発

 出典:2019年度廃炉研究開発計画
    (経済産業省 廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議(平成31年2月28日))
(PDFのP14)

年度別の成果・実績
  • 平成30年度
  • 平成29年度
  • 平成28年度
  • 平成27年度
  • 平成26年度
  • 平成25年度
個別の事業成果・実績等(アーカイブス)

研究開発の取組(関連する基礎・基盤研究)

<随時、更新します>

現場の調査・測定データ・情報

福島第一原子力発電所サーベイマップ

その他関連情報

<随時、更新します>