English

廃炉研究開発情報ポータルサイトについて

 東京電力ホールディングス(株)福島第一原子力発電所の廃炉(以下「1F廃炉」という。)は、研究開発にとって未踏の領域の課題への挑戦であること、また世代を超えて長期にわたることから、産学官の各々の取組と相互連携の強化や、これを持続可能とする仕組みを構築することが必要です。

 このため、1F廃炉という「ナショナル・チャレンジ」(国家的挑戦)に対して、関係するすべての研究者・技術者が、科学技術により解決するという「意識」を持ち、「知識」を創造・共有し、持続的に取り組んでいくことが重要です。その際、各々の取組を理解・尊重しつつ、オープンで有機的なコミュニケーションの場を拡大し、多様な専門分野の研究者・技術者の参加を得て、研究開発に取り組むことが鍵となります。

 実用から基礎に至る研究開発の一元的なマネジメントを強化するため、平成27年5月の廃炉・汚染水対策チーム会合において、NDFに「廃炉研究開発連携会議」が設置され、平成27年7月の第1回会議において「廃炉・汚染水対策に係る研究開発の連携強化に関する基本的方針」が決定されました。

 以後、同会議において研究開発連携強化に向けた具体的な取組と課題について討議し、更なる取組を進めています。

  

本ポータルサイトの主旨と掲載するコンテンツの考え方

  •  廃炉研究開発連携会議では、1F廃炉に向けて技術的に難度の高い取組に対応していくために、実用・応用開発から基礎・基盤研究に至るまでの研究開発の連携強化を図ることを目指し、以下の4つを「取組の方向性」、即ち、アクション・プランとして提示しました。
  •   ●「基本的方針」及び「取組の方向性」を踏まえた取組状況及び今後の計画
  • 1)研究開発ニーズ・シーズに関する双方向の情報発信・共有と基盤構築
      - NDFは、研究開発ニーズ・シーズや現行の取組などに関する一元的な情報プラットフォームの構築に向けて検討を進める。
    2)双方向連携の場の強化と多様な研究者の参加拡大
      - NDFを中心として双方向の連携が具体的かつ有効に機能するような橋渡し
      -「廃炉基盤研究プラットフォーム」、研究全体マップに関する取組 等
    3)研究施設及び研究現場で協働する連携の強化
    4)人材の育成・確保・流動化に関する取組の強化
     
  • 上記の「研究開発ニーズ・シーズや現行の取組などに関する一元的な情報プラットフォームの構築」に関する具体的な取組の第一弾として、今般、NDFは、関係機関からの協力を得て、研究開発ニーズ・シーズや基礎から実用に至るまでの研究開発に関する情報に効率的かつ円滑にアクセスするために本ポータルサイトを構築しました。情報発信・共有ためのベースとなることはもとより、双方向連携の場の強化と多様な研究者の参加拡大を図るために資するものとして活用していくことを目指しています。
  •  
  •  1F廃炉に関する情報は、これまでは各関係機関が個別に提供・発信している情報・データに一つ一つアクセスする必要がある、あるいは、アクセスしようとしても容易に見つからない状況にあったことから、今般、本ポータルサイトを通じ、関連情報に一元的にアクセス可能とするために以下のコンテンツを統合して発信します。
    • 1F現場の課題に対応した研究開発の取組(研究ニーズ)
    • 研究開発で得られている成果(1F現場実証は画像・映像も含め)
    • 関連する基礎・基盤研究の取組(研究シーズ)
    • 関連する現場のデータ・環境条件
  •  
  •  上記のうち、研究開発の取組については、今般のポータルサイト(初版)では、以下の研究開発に関する情報を提供・発信するものとし、今後、更なるコンテンツの拡充を行います。
    • 1F現場への適用・実用を目指して政府予算事業として取り組まれている研究開発
      (例)
      ・経済産業省による廃炉・汚染水対策事業(いわゆる「国プロ」)
      ・文部科学省による英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業
      ・JAEA交付金による基礎基盤事業、施設整備事業
    • 1F現場への適用に向けて東京電力ホールディングスやプラント・メーカーと連携して実施されている研究開発
   
  •  なお、本ポータルサイトに掲載する情報やリンク先は、関係機関が公式のWebサイトにて公表しているものとし、非公開情報は取り扱いません。
  •  また、関係機関の皆さまのご意見・ご要望を踏まえ、段階的に充実を図る予定です。
  
   

運営・管理

 本ポータルサイトは、NDFが運営・管理しています。

原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF)廃炉支援部門
Nuclear Damage Compensation and Decommissioning Facilitation Corporation

本部所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館5階